錦糸町の整体・鍼灸整骨院

03-6659-2968

リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店

お知らせ

【身体のバランス、関節のゆがみとはなんぞや!について考える】

こんにちは、リリーブ鍼灸整骨院院長の岩舘です。
寒い日が続きますね。
さて、ご自身で身体が歪んでいる、身体のバランスが悪い気がするなど思ったことはないでしょうか。
今回は身体のバランスが崩れるということはどうゆうことかについて書いていきたいと思います!

関節の負荷に題する代償

身体の歪み(関節の歪み)は様々な事象で起こります。
人は、機能障害が起きた関節(歪み)の負荷を軽減するために、意識または無意識に軽減することを試みます。
それを姿勢変化を通じて負荷を軽減しようすると、それに伴い自動的に他の部位の構造で過剰な負荷が生じさせます。
身体の構造は静力学という機能的組織体の中にあり、複合運動を行わざるえないです。
一つの関節で機能障害が起きると、この運動に異常が起きてそれ自体が異常な負荷をもたらします。

代償期

一つの関節で機能障害が生じてもあまり負荷を自覚さてないことが多いようです。
ですが、その負荷が長く続くと、さらに他の関節でも機能障害(代償)が生じはじめますが、この状態でもまだ自覚されないことが多いようです。
その理由の一つとして脊柱(背骨)は自己制御システムを有しているからだと言われています。
これにより代償的な機能障害に対して負荷が最小になるようアライメントを調整します。
それにより安定した姿勢へ転換して身体に適応します。

非代償期

代償性の関節機能障害が長く続くと関節機能障害の数も増えて、ある時点またはある出来事、例えば重い物を無理に持ちあげようとしたり、不適切に身体を曲げたり、ささいな動作がきっかけで代償できなくなります。
無理にバランスをとっていたので限界がきた感じですかね。
そして、自覚症状として現れはじめます。
それは、組織の損傷を食い止めようと痛覚が刺激されて現れています。
この状態は既に構造及び関節機能が損傷されています。
当院に来院される方もこの状態でいらっしゃる方が多いですね。

関節機能障害により損傷された組織はゆっくりと不十分にしか治癒しないことが多いです。※
なぜかというと、関節機能障害によって、組織の神経および脈管は障害され、治癒力が低下してしまうからです。
弱っている組織は傷つきやすいです。
関節機能障害の存続は更なる破壊をもたらします。
この場合も回復が十分には行われません。
治癒力は高齢になるほど低下します。
※治癒力とは数年かけて組織を再建し変化させる力である。

当院での取り組み

当院では、骨盤矯正・姿勢矯正を行っております。
身体のバランスが崩れている(関節の歪み)と様々な症状として現れると考えています。
慢性的な首や肩や腰の痛みや重さや辛さ、急性的な首、腰などの痛みなど様々です。
身体に痛みや辛さが症状として現れている方はもちろん、ご自身で身体が歪んでいるかも!?と思う方、
当院の骨盤矯正・姿勢矯正メニューを受けてみてはいかがでしょうか。

関連ブログはこちらから

自分は他の人よりも身体が疲れやすいかも!?と思った方必見です!

RESERVATIONご予約・ご相談はこちら

INFORMATION当院のご案内

リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店

東京都墨田区江東橋4-29-16
プラザ錦糸町ビル7S

03-6659-2968

【月~金】10:00~21:00(最終受付20:00)
【土日祝】10:00~19:00(最終受付18:00)
不定休

錦糸町駅南口から徒歩1分
(パルコの裏で京葉通り沿い)

› 詳しくはこちら

NEWSお知らせ