錦糸町の整体・鍼灸整骨院

03-6659-2968

リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店

お知らせ

今ある症状は昔のあれが原因?(過去に経験した交通事故やケガについて)

代表の高田です。

本日は、慢性症状を抱えていらっしゃる方の中で、「昔、交通事故に遭った」とか、「部活などのスポーツでぶつかったりケガをしたことがある」だけど、あんまり関係ないと思うんだよね?と思われてる方が多いので、そのことについてお話したいと思います。

⓵バランスを崩している

まず、人の骨格というのは、骨盤があり、その上に背骨がきれいなS字を描いています。
このバランスが悪くなると、本来の姿勢が崩れ普段の歩行や動作などが不安定になります。
不安定になった身体のままでは、生活に支障が出るので、脳や筋肉が自動的にバランスを取ろうとして、ある場所に負担がかかってきます。

それが腰の筋肉であったり、肩の筋肉であったりします。
そうなると、多くの患者様は腰の辛さや肩の辛さは筋肉が原因だということでマッサージをしたり、電気をあてたりして一時的に楽になります。
しかし、すぐに戻ってしまったり、何度も同じ症状を繰り返すので、仕方がないことなのかな?と思ってしまいます。
原因をしっかり治し、継続できるようにその方に合った体操(身体に動きを付ける)をすることでかなり改善し、再燃も無くなります。

⓶靱帯

骨盤や背骨がズレる原因として考えられるのが、もう一つ。
靱帯を延ばしてしまい、放置していることです。
靱帯は完治するのに、1カ月半~2か月かかります。痛みが取れても靱帯をしっかり固定していなければ、また同じことが起こる可能性が格段に上がります。
例えば、足の捻挫をしたと考えてみてください。
足の捻挫をしても、痛みは1週間~2週間ほどで消えますよね?でも、気が緩み思いっきり運動したり走ったりして、また捻ってしまった!という経験はありませんか?
あれは足首を固定している靱帯が伸びてしまい、行ってはいけない角度まで足首が曲がり、再び足首の周りの組織を壊してしまうということです。
骨盤や背骨でも同じことが起こるのです。

⓷脳脊髄液の流れが悪くなる

脳脊髄液とは、『脳室(脳の中の空洞)で作られ、背骨周りを循環し、骨盤まで流れ、脳の表面にあるクモ膜顆粒というところで吸収されて静脈に戻ります。 役割は明らかでないところがありますが、主に脳の水分を調節し、形を保つ役割をしていると考えられています。』というものです。
この脳脊髄液が流れている途中の背骨などが曲がったりすることで、流れが悪くなってしまうことがあります。事故や衝撃などを受けたあと、時間が経ってから症状が出るなど、多く症例が残っています。
症状として、むち打ちなどの痛みの症状だけではなく、頭痛、吐き気、腰痛、倦怠感など様々です。
骨盤矯正や姿勢矯正は、背骨や骨盤、更には身体全体のバランスを見ながら調整していきますので、自然と脳脊髄液の調整にもなります。
昔のケガや交通事故を侮って放置してしまうことは本当に危険です。心配な方は一度ご相談ください。

交通事故に遭ってしまった場合はこちら

RESERVATIONご予約・ご相談はこちら

INFORMATION当院のご案内

リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店

東京都墨田区江東橋4-29-16
プラザ錦糸町ビル7S

03-6659-2968

【月~金】10:00~21:00(最終受付20:00)
【土日祝】10:00~19:00(最終受付18:00)
不定休

錦糸町駅南口から徒歩1分
(パルコの裏で京葉通り沿い)

› 詳しくはこちら

NEWSお知らせ