錦糸町の整体・鍼灸整骨院

03-6659-2968

リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店

お知らせ

デスクワークによる首こり肩こりの方へ

こんにちは、リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店の岩舘です。
今回は、デスクワークによる首凝り肩凝りについてお話したいと思います。
それでは、まずデスクワークでなぜ肩がこるのか。

端的にいうと姿勢の悪さ

首、肩の痛みの原因はいくつかありますが、痛みの原因として多いのは姿勢の悪さです。
姿勢の悪さ、、もっと深堀りしていくと「頸椎前弯消失」です。
姿勢が良い人は、頭が肩の真上にきて頸椎(首)に前弯ができています。
前弯というのは、身体を横から見た時に前方に曲がりがある状態です。
姿勢の悪い人は、どうかというと頭が肩より前に出ていて、アゴが前に突き出てしまいます。
そうなると、頸椎の前弯が消失し、頸椎の下の部分が曲がって前方に倒れてしまい、真ん中から上の方は後方に反って伸びてしまいます。
この状態を長く続けていると、筋肉や靭帯が引き伸ばされ、首や肩に問題が発生します。

無理な姿勢は力学的にNG?

筋肉や靭帯が無理に引き伸ばされると痛みが起こると思いますが、これは力学的な原因による痛みです。
では、この痛みがいかに簡単にでるのか説明していきたいと思います。

自分の指で簡単に試せます。
まず、自分の指の一本を反対の手で後ろにそらせます。
その時しっかり指が伸びていることを確認してください。
そしてしばらくそのままにしておきます。
するとはじめのうちは、違和感やむしろストレッチされて気持ちよさを感じる人もいるかもしれません。
ですが、時間がたつにつれてじょじょに不快感や痛みに変わってくると思います。

そして次は、指が伸びているところを通り越して痛みが出るところまで強く反らしてください。
どうでしょう?痛いですよね?
要は、伸ばしすぎの状態ということです。オーバーストレッチです。
伸ばしすぎの状態をやめれば、組織が損傷せず痛みは治まります。
痛みは組織が痛んでいることを知らせる警戒システムのようなものです。
ですが、この警告を無視して伸ばし続けると組織が損傷されてしまいます。
損傷すると、伸ばしすぎをやめて元に戻ったとしても痛みは治りません。
伸ばしすぎで痛めてしまった組織は、人間の持つ自然治癒力で数日で回復されていきますが、毎日、毎日伸ばしすぎの状態を続けていくとなかなか回復していきません。
そして関節の動きも悪くなります。
この状態が首に起きているということです。
また、ストレートネックにもなる可能性がでてきます。

ストレートネックの詳細はこちらから
「交通事故由来のストレートネックに要注意」

交通事故由来のストレートネックに要注意

解消するには?

解消するにはデスクワークで姿勢を正しく座って行えばいいんでしょ?
ですが、それが簡単にできないのよと患者様から言われることもあります。

姿勢を維持できない原因として考えられるのは、骨盤、背骨の歪みが原因のひとつです。
骨は身体の土台で、背骨は身体を支えるためにS字に弯曲し、クッション性が作られています。
継続的な姿勢の悪さを行うことで、背骨が歪みクッション性が失われることで姿勢を保持できなくなります。
その状態となるといくら姿勢を正して座ったとしても骨が歪みがあるのでそれを補うため筋肉が無理に引っ張って正そうとしてしまいます。
過剰に筋肉を使っていることになるので、余計疲れます。
そして楽な姿勢をとりさらに姿勢が崩れ悪循環となります。

当店では、根本から症状を解消するため、骨盤・姿勢から矯正していきます。
肩、首の症状を解消するために、一見関係ないように思いますが、骨盤も腰椎も施術していきます。
その話はまた別の機会にお話ししたいと思います。

RESERVATIONご予約・ご相談はこちら

INFORMATION当院のご案内

リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店

東京都墨田区江東橋4-29-16
プラザ錦糸町ビル7S

03-6659-2968

【月~金】10:00~21:00(最終受付20:00)
【土日祝】10:00~19:00(最終受付18:00)
不定休

錦糸町駅南口から徒歩1分
(パルコの裏で京葉通り沿い)

› 詳しくはこちら

NEWSお知らせ