錦糸町の整体・鍼灸整骨院

03-6659-2968

リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店

お知らせ

単なる腰痛ではないかも?こんな症状に要注意

こんにちは、リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店の岩舘です。

腰が痛い、重い。。。
普段生活していて腰痛を感じる方は多いかと思います。
単純な身体の使い過ぎでの筋肉疲労なら休めば辛さもすぐ治るでしょう。
しかし、痛みがなかなか治らない、むしろ日が経つことに症状がひどく
なってく、決まった動作で痛みが出る、何年も痛みが抜けないなど、単なる
腰痛と思っていずれ良くなるだろうと思って何もしないでいるといつになっても
良くならないかも知れません。
今回は、腰痛に関わる症状をお伝えしていきます。

脊柱管狭窄症

背骨には脊柱管と呼ばれる神経の通り道があります。
その神経の通り道が狭くなることで神経や血管を圧迫して症状がでます。
原因は、 加齢によって椎間板によるクッション性が弱まり狭くなることで起こったり、
背骨のズレ(腰椎すべり症など)により起こったりします。
主な症状ですが、腰の痛み、臀部(おしり)の痛みやしびれ、足のしびれや痛み、
筋力低下、歩行困難、排尿障害などがございます。
特に歩行困難で特長なのが、間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。
しばらく歩いていると、痛みやしびれが出てきて、一時的に休むと痛みやしびれが
治まるという特長があります。

脊椎分離症

骨と骨が離れてしまった状態です。
腰の曲げ伸ばしやひねる運動を繰り返すことに起こることがあります。
少年時代にスポーツで腰に繰り返し負荷をかけてしまい発症もあるようです。
過去に成長期に激しい運動をしていたことがあることや、重労働でも起こり得ます。
症状としては、腰を後ろにそると腰痛、下肢痛がでてきたり、長時間の立ちや座位、
や重労働のあとで症状が現れます。

腰椎すべり症

腰椎すべり症には腰痛分離すべり症と腰痛変性すべり症の2種類があります。

腰椎分離すべり症

脊椎分離症が起きて安定性がなくなり骨と骨がズレてしまっている状態です。
成長期に激しい運動をしている子供やスポーツ選手に多くみられる症状です。
または交通事故のような強い衝撃でも起こり得ます。

腰椎変性すべり症

腰の骨が前後にズレてしまう症状です。
原因はあきらかではございませんが、
多くは加齢とともに椎間板や靭帯や関節が緩むことで
腰椎がすべり、脊柱管を狭くして神経を圧迫してしまいます。
第四腰椎と第五腰椎のすべりが多いそうです。
症状は、腰痛や下肢の痛みやしびれが現れます。
ひどくなると、脊柱管狭窄症を引き起こし、間欠性跛行があらわれたり、
さらにひどくなると安静時にも痛みが出たりもします。

補足

運動をして筋肉をつければ腰痛はなくなるのか?
たしかに筋肉がつくことで身体を支える力が上がりますし、血行が良くなる
ことで痛み物質も流れやすくなるので痛みを感じずらくなるかもしれません。
ただ、筋トレをやめ筋肉量が減った場合にまた痛みがでる方もいらっしゃると思います。
要は痛みの原因が背骨や骨盤が歪んでいることで筋肉が過緊張を起こし張ったり、凝ったりしているかも知れません。
しっかりメンテナンスすることをおススメします。

RESERVATIONご予約・ご相談はこちら

INFORMATION当院のご案内

リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店

東京都墨田区江東橋4-29-16
プラザ錦糸町ビル7S

03-6659-2968

【月~金】10:00~21:00(最終受付20:00)
【土日祝】10:00~19:00(最終受付18:00)
不定休

錦糸町駅南口から徒歩1分
(パルコの裏で京葉通り沿い)

› 詳しくはこちら

NEWSお知らせ