錦糸町の整体・鍼灸整骨院

03-6659-2968

リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店

お知らせ

ピキっと嫌な痛みが・・膝痛って何故なるの?様々な観点から考える

こんにちは、リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店です。

早いもので今年もあと二か月をきりましたね。
ますます寒くなってきましたが・・
気温が下がった日や、天候がわるかったりすると何か関節が痛くなるな・・・なんて事がある方はいませんか?
歩いていたり立ち上がろうとした時など膝に違和感を感じる、膝の屈曲があまり出来ない、そんなトラブルがある方。
本日はそんな嫌な膝の痛みについてお話していきます。

原因になるものは様々あります

単に膝の痛みといっても原因はいくつもあります。
さてどんなものがあるのでしょうか。
まずは代表的なものをあげていきましょう。

半月板の損傷

半月板は膝にかかる衝撃を吸収するクッションのようなもの。
そして膝の動きをコントロールをします。
半月板を損傷すると膝へ負担がダイレクトにかかる為、痛み等の様々な症状がでてきます。
激しいスポーツや不自然な着地などで極度に膝に負担がかかることで半月板を損傷するケースもあります。

膝の関節を支えている靭帯の損傷

靭帯は関節を支える役割があるので、損傷すると膝への負担が直接的にかかります。
膝の関節を支えになるものがなくなる為、何かの衝撃などがかかると膝が安定せず、グラつく痛みや膝の内側又は外側の痛みを感じます。

オスグッドシュラッター病

成長期の子供に多い病気です。
お皿の下の出っ張りに痛みが出ます。
骨の成長に筋肉や腱の成長が追いついていない為に起こる成長痛です。

変形性膝関節症

膝関節にある軟骨がすり減っていき、膝の関節が変形することで痛みが出ます。
徐々に歩行困難になっていき、手術を余儀なくされる方も多いです。

慢性関節リウマチ

女性の方に多く30~50代がピークです。
リウマチは膝だけではなく全身の病気。
本来、身体を守る免疫が誤って自分の体を攻撃してしまうもので、痛みや腫れ、骨の変形などが破壊される病気です。

下肢の筋肉拘縮

太ももやふくらはぎの筋肉が硬くなり膝へ制限がかかり痛みを出すもの。
正座をしたりストレッチなどで伸ばした時などに痛みがでます。

膝以外の場所が原因で痛みがでることも

骨盤、股関節、足関節の歪みからも膝への負担がかかり痛みがでることがあります。
病院で検査をしたけれど異常がないと言われた場合は、原因が骨の歪みからきているものかもしれません。

このような場合は原因となる歪みを正しい位置に戻していかないと症状は良くなりません。
当院では身体のことに専門的な知識を持つ国家資格者も在籍しております。
しっかりとお身体の状態を良くしていきたいと思われている方はRelieveの骨盤矯正を是非、お試しくださいませ。

本日は膝の痛みについてお話いたしましたが、慢性的な肩こりや腰痛、首コリの症状がある方、ギックリ腰を繰り返す方、マッサージに行ってもなかなか改善しない、その他にも過去に事故や強い衝突にあったなどのご経験のある方は一度、当院にご相談くださいませ。

お気軽にお問合せ、ご予約をお待ちしております。

RESERVATIONご予約・ご相談はこちら

INFORMATION当院のご案内

リリーブ鍼灸整骨院 錦糸町店

東京都墨田区江東橋4-29-16
プラザ錦糸町ビル7S

03-6659-2968

【月~金】10:00~21:00(最終受付20:00)
【土日祝】10:00~19:00(最終受付18:00)
不定休

錦糸町駅南口から徒歩1分
(パルコの裏で京葉通り沿い)

› 詳しくはこちら

NEWSお知らせ